Newsニュース

15 May 2020止まることのない学習② - リモート教育への移行:MS/HS教員へのインタビュー

英語はこちら。/ Read this article in English.

このシリーズのほかの記事はこちらをご覧ください:

・止まることのない学習① - 概要:LAISにおけるオンライン授業 /

・止まることのない学習③ - 初等部も休校にはならない /

・止まることのない学習④ - 初等部も休校にはならない~算数編~ /

・進み続ける学習➄ - LAIS幼児部で活躍する3人の教員 /

-----

前回配信したこちらの記事では、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて学校を物理的に閉鎖してからも、当校の生徒と教員が自宅から学習を続けていることをお知らせしました。今回の記事からは、何回かにわたって当校で働く幼児部、初等部、そして中高部の教員らにインタビューを実施し、オンライン学習への移行についての体験談をお話してもらいます。今回の記事では、中高部の教員であるGabe(生物学とIT・ロボット工学を担当)とShannon(数学を担当)にインタビューしました。リモート学習の環境整備をGabeとShannonがリードしてくれており、生徒や教員にとってオンライン学習がスムーズに進むよう、サポートしてくれています。

Q1.お二人は新型コロナウィルス蔓延に伴う速やかなオンライン教育への移行を推進してきましたが、これまでのところLAISでのオンライン教育の状況は如何ですか?

Gabe:これまでのところ、オンライン教育は順調に進んでいると思います。セットアップに関していくつか問題は発生しましたが、それも含めてすべてが興味深く感じます。

Shannon:保護者への連絡も急な中、迅速に移行することは容易ではありませんでしたが、その過程で多くのことを学びました。私の担当する中高等部の授業は予定どおり、または予定よりも順調に進んでいると言えますし、他の中高等部の先生もそのようです。

Q2.生徒、保護者、教員には、オンライン教育化へ向けた準備をどのように行ってもらいましたか?

Gabe:中高部については1日でセットアップを完了しました。Shannonと私は遠隔教育にある程度の経歴があるので、比較的早く実現できました。 中高部スタッフの良い点は、1つのユニットとして迅速に意思決定を行っていることです。このおかげでスピーディにスケジュールを作成し、計画を立てることができました。 中高部のコーディネーターであるSteliosは、すべての人の声が確実に聞こえるようにし、特定分野の経歴がある人たちに先導させてくれます。 中高部の保護者はあまり関与する必要はありませんでしたが、オンライン学習への移行を好意的に受け入れてくださっていますし、必要なときには全力でサポートしてくれます。

オンライン化の過程で直面する問題を解決し、この困難な時期を生徒が乗り越えられるように、1対1の面談に毎日のようにご対応くださるすべての保護者に感謝したいです。

Shannon:中高部では数か月前からGoogle Classroomを使用していたため、オンライン学習への移行はすでに途中まで終えているような状況でした。学校が物理的な閉鎖を決定した日には、臨時の時間割に変更しました。授業はいつもどおり行いましたが、昼休みと休み時間には、今後使用することになるオンラインシステムを全生徒が理解しているかの確認と、Zoomの使い方に関する講習を行いました。生徒は学校に物理的にいながらオンライン学習の準備を行うことができたので、遠隔でのテクニカルサポートに通常付随する多くの問題が回避されました。このプロセスにより、中高部は閉鎖の初日からオンライン学習に移行することができました。起きうる将来を普段から見据えておくことが必要な時に役に立つという教訓になったと感じています。

(左から右:Gabe, Stelios, Shannon)

Q3.オンラインスクールを円滑に実施するために、LAIS教職員の間にはどのようなコラボレーションがありましたか?

Gabe:中高部にとっては、テストと計画に関するものでした。学校全体がデジタル化されるまでの2週間は試行期間とされ、教員はお互いのニーズに合わせて調整を続け、全員の声が確実に聞こえるようにしました。ここ数か月の間に、中高部の教員はオンラインまたは対面での会議を継続的に行い、新しいものを試したりしてきました。初等部の教員であるLorisaと私も、春休みに生徒と一緒に新しい学習モデルを試しましたが、かなりうまくいきました。しかし、実際に初等部で導入されたのは、もっと後になってからでした。

また、Year 1の保護者を対象に、初等部の教員であるAlinaと私は二度のヘルプセッションを開催し、技術面でサポートしました。今後も何度かセッションが必要になる可能性はありますが、一歩ずつ進めていきたいと考えています。

Shannon:今回のように急を要する状況にうまく対応していくために必要な二つの要素は、柔軟性と正確な振り返りだと考えます。中高部のスタッフの間には、イノベーションと自己評価・他己評価という文化があります。この既存の文化により、すべてのスタッフが新しいテクノロジーを試す機会が確保されました。新しいアイデアを導入する際には、教員同士でトライアル→一つのクラスでトライアル→全クラスに導入という流れで進めています。オンライン学習をスムーズかつ迅速に移行できるように、スタッフは急なお願いにも迅速に対応してくれました。無給の時間を使って働いてくれた教員に感謝します。勤務時間外に予期せぬ問題が起こっても対応してくれますし、新しいアイデアや技術を試すために急遽会議を開くことになっても、皆積極的に参加してくれます。

Q4. 学校が物理的に再開した後も、オンライン教育で使用しているツールやプラットフォームを活用していく予定ですか?

パンデミック以前からオンラインプラットフォームを活用してきました。今後もそうする予定です。

------

<<<Previous

・止まることのない学習① - 概要:LAISにおけるオンライン授業 /

Next>>>

・止まることのない学習③ - 初等部も休校にはならない /

・止まることのない学習④ - 初等部も休校にはならない~算数編~ /

・進み続ける学習➄ - LAIS幼児部で活躍する3人の教員 /