InfoSessions / Events学校説明会

  • Infosession
    28March
    Saturday 9:30-11:00
  • Infosession
    11April
    Saturday 9:30-11:00
  • Infosession
    14April
    Tuesday 8:45-10:15
  • Infosession
    21April
    Tuesday 8:45-10:15

Admission Process選考スケジュール

最新情報はこのHP上でお知らせします。
日本の公立校では新学期は4月ですが、LAISは9月から新学期がスタートします。
海外からの帰国者など、入学選考は随時可能です。

出願はこちら

 
<出願>
オンラインですべての書類を提出。Application Feeをお支払い。
<面接日通知>
出願から1週間以内に通知します。
<面接日>
通常は平日の13:30-16:00の間、約1時間程度です(学年により異なります)。
<結果通知>
面接後、1週間程度を目途に通知します。

Fees学費

以下は、LAISの標準的な料金表です。料金は、エントリーのタイミング、分割払いの方法、学生が出席した連続年数によって異なる場合があります。詳細については、学校事務所にお問い合わせください。

(通貨:円 すべて税込み)

幼児部 初等部 中等部 高等部
(Post Secondary)
高等部
(Senior High)
初期費用 入学検定料 19,500 34,500 39,500 82,500 89,500
学校登録料*1 200,000 200,000 200,000 200,000 200,000
入学金*2 150,000 300,000 310,000 385,000 480,000
 内部生料金*3 150,000 240,000 248,000 - 384,000
施設資金*2 210,000 210,000 210,000 210,000 210,000
初期費用合計 579,500 744,500 759,500 877,500 979,500
 内部生
 初期費用合計
579,500 684,500 697,500 492,500 883,500
年間費用 学費*4 948,000 966,000 1,030,800 1,148,400 1,209,600
教育設備費 71,500 71,500 71,500 97,900 104,500
教材費*5 44,000 45,100 53,900 82,500 99,000
イベント費 10,000 100,000 150,000 150,000 150,000
誕生日会費 2,200 2,200 2,200 2,200 2,200
PTA費 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000
年間費用合計 1,080,700 1,189,800 1,313,400 1,486,000 1,570,300
  • *1 学校登録料:AJBからの入学者は、AJB入学金(18万円)との差額の2万円を頂きます。
  • *2 入学金と施設資金:幼児部、初等部、中等部、高等部に進級時に都度納付いただきます。
    ただし、過去3年以上在籍した生徒は進級時の入学金は20%免除。
    中等部に3年間在籍した生徒は、高等部PS(Post Secondary)の入学金は免除。
  • *3 初等部からの入学金について、内部生は下記の通り一定年数在籍の場合、割引が適用されます。
    ・初等部:LAISの幼稚園に3年以上在籍した生徒
    ・中等部:LAISの初等部に3年以上在籍した生徒
    ・Post Secondary: LAISの中等部に3年以上在籍した生徒
    ・Senior High: LAISの中等部とPost Secondaryに5年以上在籍した生徒
  • *4 学費:二人目のお子さんより年間授業料を 5%割引致します。さらに三人目お子さんより年間授業料学費を30%免除。
  • *5 テキスト代やノート代は含まれません。
  • ※ 制服代は入学後別途頂きます。年間約4万円です。
    ランチは給食をご利用する場合、年間のLunch Processing Fee 7,260円とランチ代(幼児部・Year 1:350円/食、Year 2以上:380円/食)を別途頂きます。なお、幼児部は原則、アレルギーや宗教などの理由で給食を利用するのは難しい方以外、全員給食を利用していただくこととなっております。

FAQよくある質問

1. インターナショナルスクールとはどのような学校ですか。
インターナショナルスクールは、一般的に外国人児童・生徒の受入れを前提に、各国の教育省庁が定めたナショナルカリキュラムに縛られないカリキュラムを提供します。一方でアメリカンスクール、ブリティッシュスクール、インディアンスクール等、特定国のカリキュラムを提供する学校もあります。
LAISは、このうち前者に属するインターナショナルスクールです。初等部は世界の優れたカリキュラムを総合的に取り入れており、中等部・高等部はCambridge international認定校としてケンブリッジカリキュラムを使用しています。Cambridge internationalの提供するカリキュラムは、英国国内で使用される内容と異なり、国際的なカリキュラムです。
2. インターナショナルスクールは一般的には何歳から入ると良いのでしょうか。
2-5歳のキンダー、及び、初等部のYear1,2からの入学生徒が多いです。これは、年齢があがるほど言語習得の臨界期が終わっていき、自然な形での言語習得が難しくなっていくことがあるためでしょう。LAISでは、キンダー生徒の入学時には英語力は問いません。初等部以降の新入生で英語力が不足する場合でも、LAISへの入学は可能ですが、英語強化プログラム(料金別途)での学習支援が必須になることがあります。また場合によっては1学年下げて入学し、放課後の強化プログラムを通じて学習面でキャッチアップし、学年を戻していく支援も実施することがあります。将来、海外の大学受験の可能性、国際的に活躍する人に育てたい、という目的が明確な場合は、早ければ早いほうが負担が少ないといえます。
3. 入学時期や申込の期限はありますか?
年度の間のいつでも入学を受け入れます。通常は、9月(秋)入学のほか、4月(春)入学も受け付けています。最新の情報と正確な締め切りについては、ウェブサイトでご確認ください。
4. 入学のタイミングは1年のうちいつが良いでしょうか。
LAISの学年の始まりはインターナショナルスクールで一般的な9月ですので、一般的には9月入学がタイミングが良いです。また日本の学校からの転校生のために4月に入る生徒もいます。ただし、入学タイミングはいつでも可能です。帰国子女や、外国人の日本への転勤者の子女は通年で入学します。また、英語力がまだ弱い生徒の場合は、9月や4月を待たずに、決断されたときに入学し、スクールに慣れていくことをお勧めします。
5. 入学試験はどのようなものですか。
生徒の年齢に応じて、英語での理解度および習熟度を判断するテストが行​​われます(幼児部入学前に子供が英語を知っている必要はありません)。高等部入学においては、コースワークが厳しいことから、英語力を含めた能力テストは不可欠です。
6. 両親は英語を話せる必要がありますか。
日本語を話すスタッフがいますので必須ではありません。学校からの情報やコミュニケーションは英語と日本語で提供されます。
7. 学校は英語が堪能でない生徒にサポートを提供しますか?
転校生および追加の英語コーチングを必要とする生徒のための集中英語コース(IEC)があります。語学力不足によりカリキュラムを修了できないと判断された場合は、IECプログラムが必須となります。
8. 先生の経歴は?
先生は世界の様々な大学から学士号/修士号/博士号を取得し、また彼らが教える科目を専門としています。彼らはまた最低3ヵ月のトレーニングを受けた後、さらに6ヵ月の校内での指導を受けます。幼児部の先生の何人かは10年以上働いています。高等部の教師は全員ケンブリッジの教育と評価を受けています。異なる国籍の教師陣はユニークな視点を教育にもたらします。
9. 学校はどのような体育教育を提供していますか?
体育は、世界でも評価の高い日本の体育カリキュラムをベースにしており、生徒は多くの器具を使って様々な運動を行います。週1回、隣接する大成高校のグラウンドを利用した体育授業があります。また三鷹市のスポーツセンターを利用し、水泳、バドミントン、バスケットボールなどのさまざまなスポーツ/陸上競技を練習します。
LAISでは、家族や友達も参加可能な毎年恒例のスポーツデーのイベントを開催しています。
10. 学生は教育旅行に行きますか?
はい。学生は1年に2、3回の校外活動に参加します。彼らは遠足・校外学習を通じ実践的な学習体験を楽しんでいます。キャンプ、スキー旅行、美術館、水族館、動物園への訪問、その他の活動は年間を通して予定されています。
11. 延長保育・学童保育はありますか?
幼児部と初等部の生徒は授業終了後、午後6時30分まで延長保育・学童保育があります。保護者は、アフタースクールクラブに入会し、そのための追加料金を支払う必要があります。
12. 私の子供は日本人ですが、インターナショナルスクール小学部に入学の後、日本の中学校には進学できますか。
諸事情で日本の中学校に移る場合、結論からすると可能です。公立中学は、日本の小学校を卒業したことを前提に入学することとなりますが、義務教育期間でもあり、受け入れられているようです。インターナショナルスクール生を受け入れる私立中学校に行くけーすもあります。しかし、初等教育をインターで過ごし、中等教育から教育手法や文化も異なる日本の学校に戻ることは、生徒にとって負担となることもあります。転校を前提とせず、中学高校も含めインターで過ごすことを通じて国際人となることを目指すことをお勧めします。実際、一旦入学しますと、中学入学の段階でインターから日本の学校に移る生徒はあまりいません。